情報起業ストーリー2.本を漁る日々・・・

公開日: : 最終更新日:2016/04/03 起業・独立

酒屋での成功を半ばあきらめた私は、
自然と将来起業することを考え始めました。

 

以前から店の売り上げを上げるために、
何冊か本を購入したことはありますが、

その頃から、起業のために
本格的にビジネスを読み始めたのです。

 

配達の途中に本屋があると、
忙しい場合を除いては立ち寄っていました。

仕事が休みの日(ほぼ日曜日)も、
ほぼ必ず書店に通っていたものです。

 

 

本屋に行くと、
まずビジネス書のコーナーに一直線で行きます。

 

そして、片っ端から
目について気になったタイトルの本を手に取ります。

 

「どうやったら、起業できるのか?」

「何か、儲かる商売はないか?」

「成功した人は、何をして上手くいったのか?」

こんなことを考え、いつもはやる気持ちで
次々を本を漁っていました。

 

 

今まで酒屋で商売をやってきましたが、

これといった資格や、
特別な免許を持っているわけですはありません。

 

特殊な経験や、
人より秀でているスキルを持っているわけではありません。

何かしらの特技もなく、
人様からお金をいただけるような能力も持っていません。

 

こんな自分でも、起業・独立できる商売、ビジネスはあるのか?

 

 

そんな不安を抱えては、
どこかにヒントとなるビジネス書があるはずだ!

と、時間があれば本屋めぐりをしていましたね。

 

その頃は、もう結婚していましたので、
毎月のこずかいは1万円です。

その中から、毎月本を購入していました。

 

 

新品のビジネス書は、
だいたい1200~1600円くらいで売っています。

文庫本なら700~800円くらいですが、
単行本ですので1400~1500円くらいが多かったですね。

 

ですから、
おこずかいの1万円で買える新品本は6~7冊くらいです。

 

 

ですけど、その頃はなるべくたくさんの
ビジネス書を読みたかったので、
新品の本だけでなく、中古の本も買っていました。

その頃は、もうブックオフが近くに2~3店舗ありましたから、
こちらにも足しげく通ってました。

 

というか、その当時の住まいのマンションの1階が
ブックオフでして、、、

 

通うも何も、マンションの駐車場に車を止めて、
(車で通勤していたので)
家にもどる前にブックオフに寄っていました・・・笑

 

 

ブックオフなら、大体定価の半額で売っていますから、
新品で1500円の本も750円ほどで買えます。

ファッション雑誌ではないので、
流行を求めているわけではありません。

別に古いビジネス書でも構わないのです。

 

まぁ、ビジネス書でもSEO(検索エンジン上位対策)とか、
流行りの集客(mixiからアクセル集め)など、

一部のネットビジネス関連の書籍は、
旬が過ぎると使えなくなるノウハウもありますが。

 

私は流行りのビジネスやノウハウを探していたわけではないので、
別に最新の本でなくても良かったのですよ。

 

 

でも、ブックオフって、
先月とか2~3ヶ月前に出た新刊でも、
けっこう棚に並んでいますけどね。

そんなわけで、かなりブックオフでも本を買っていました。

 

自分の中で、起業するなら銀行や金融公庫などからお金を借りず、

また、始めるのに数百万掛かるような商売は止めようと思っていました。

 

誰に言われたわけではありませんが、
何となく、それは頭にありました。

私が中学生に上がる頃(1980年代前半)、
親が借りていた酒屋の店舗を土地から購入しました。

 

 

それまでは、地元の農家の方が地主さんで、
毎月家賃を払っていましたが、
それを思い切って購入したのです。

 

それまでは、お酒を主に、缶詰や珍味。
調味料や加工食品、飲料(ジュース類)、お菓子やアイス。
タバコや本もあるような雑貨店でした。

これを、当時増え始めていたコンビニの業態に店舗を改装するため、
地主さんから購入しました。

 

それまでの店舗は壊して、1階が店舗、2階が住居、
そして隣に倉庫も建てましたから、
かなり建物費用が掛かったと思います。

 

時はバブル前、昭和50年代です。

親の店もかなり繁盛していました。

税理士に毎月依頼して節税していたと思いますが、
かなり納税していたと推測します。

 

 

ですから、税金を多く払うよりも、
店舗の改修費用にまわす。

 

まだまだ伸びそうな売り上げをさらに上げるために、
酒屋からコンビニ(風)に進化してお客を増やしたい。

そんな思惑もあって、また景気も良かったですから、
親は大きな借金をしても返せると踏んで改装したと思います。

 

改装後、順調に毎月借金を返していきましたが、
バブル崩壊後の1990年半ばから売上も徐々に落ち、
返済が大変になりました。

滞ることはありませんでしたが、
けっこうキツかtったようです。
(資金繰りは親がやっていましたので)

 

ですので、その後銀行と交渉して、
毎月の返済額を少なくして対応したみたいです。

 

 

返し終わる期間が長くなりますが、
その前に資金ショートするほうが問題ですからね。

そんな親の苦労、借金を返すことの大変さを見てきたので、

自分がビジネスをやるときには、
借金をしないで始められる商売しかやらない!と、
心に誓ったのです。

 

きっと、借金を抱える恐怖があったのでしょう。

 

 

起業で失敗して多額の借金を返せず、
一家離散や無理心中。

自殺する方のニュースを、
それまでの人生で何度か見てきたからかもしれません。

 

ラーメン屋さんで10年修行して、
絶対に成功できる自信があったなら、
借金することにも躊躇がなかったかもしれませんが・・・。

 

そんな歴史もあり、自分の中で、
小資本で起業することが目的となっていきました。

情報起業ストーリー3へ続く)

関連記事

f9cb72f0a4c654bfa0aca9ca287fbfdf_s

情報起業ストーリー5.大事件発生!

便利屋のバイトを始めて2年が経ちました。   試しに広告を出して、 便利屋の

記事を読む

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

情報起業ストーリー7.稼働してわかったこと

マッチングビジネスに参入する業種を検討した結果、、、   解体工事の仲介に決め

記事を読む

cb7b6f36f19e5d164565afbba080723a_s

情報起業ストーリー3.○○屋になる!

毎日のように本屋で起業のネタになるような本を漁っていたある日、 1冊の本と出会います。

記事を読む

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

情報起業ストーリー6.仲介ビジネス始動・・・

便利屋での起業をあきらめた自分は、 マッチングビジネスに可能性を見いだしました。  

記事を読む

cd7d4e3e4e4ad78098c3e727a0e65ea9_s

バ○トしてます・・・。

僕は現在、酒屋からネットビジネスで 独立して暮らしていますが、、、   実は

記事を読む

d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s

情報起業ストーリー9.ガクブルの打ち合わせ

コンサルに従って実践開始です。   出す商品のカテゴリーですが、 これはノウ

記事を読む

807ea83654ff6b077b4d07007a8b7683_s

情報起業ストーリー10.最終章~商材完成、そして販売へ

困難を極めたのは販売サイトの セールスレター執筆です。   それまで、情報商

記事を読む

55e118142ad65c0fe03ed76983bd023c_s

情報起業ストーリー8.藁にもすがる思いで新規ビジネス

ぞっとするような情報・・・ それは、、、   経営する酒屋の近くに、

記事を読む

19ed7809597c78f8cdb8d2bf7c9cff87_s

情報起業ストーリー4.バイトを始める・・・

右近さんの元での修行を断念した私は、 気を取り直してネットで近くの便利屋を探しました。 &n

記事を読む

1cae83868811c002e5b6e6e235f302b4_s

ブログを再開します!近況報告は・・・

しばらく、ブログをお休みしていましたが、再開します!   これからも、よろしく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑