情報起業ストーリー3.○○屋になる!

公開日: : 最終更新日:2016/04/03 起業・独立

毎日のように本屋で起業のネタになるような本を漁っていたある日、

1冊の本と出会います。

 

それが、この本。

平凡な私が月300万円稼ぐ7つの理由

 

日本で最初に「便利屋」と名乗った方。

右近勝吉さんの書籍でした。

 

 

内容をざっというと、

大学を卒業後、ガソリンスタンドや家電量販店、
セールスマンなどの職を転々とする一方で、世界無銭旅行を敢行。

 

旅から帰ってきた右近さんは商売を始めようと考えたが、
何もお金を稼げるような特技や資格を持っていないことで悩みます。

 

そこで右近さんは、自分は凡人なので、
何でも頼まれたことを引きうけるサービスをしようと、
「右近サービス社」を始めます。

 

 

仕事の依頼は部屋の掃除、ドブさらい、草刈り、
引越しの手伝いなど、雑用ごとが中心です。

時には一人暮らしの孤独なお年寄りの話し相手も引き受けます。

 

でも、話しを聞くだけで、
依頼者から100万円も渡されることもあるそうです。

 

そんな、数々の依頼をこなして頑張っていったところ、
ある月に4600万円も稼げていました。

依頼される仕事は決して選り好みすることなく、
すべて引き受けて、こなしていった結果です。

 

本の中で右近さんは、何もない「凡人だからこそ」
稼げたとつづっています。

※凡人だから上手くいったその秘密は、
本を買って読んでみて下さい。おすすめします。

 

 

この本を読んだ私は、

「よし、俺も便利屋になる!」と単純に思いました(笑

 

なぜなら、当時の私も酒屋を15年以上やってきましたが、
起業にむすびつく特別なスキルや、資格など持っていませんでした。

 

30代後半で、妻子を持って自営業をしている状態で、
どこかの学校に通って資格を取るような時間もお金もありません。

 

 

以前に書きましたが、

フランチャイズに加盟して商売を始めることは考えなかったので、
最初から起業の選択肢にはなかったのです。

 

人様からお金を頂戴できる専門スキルも、
士業のような資格も持ち合わせていない・・・。

 

こんな凡人の自分でも起業できる商売は?

 

毎日のように自問自答していた自分にとって、
まさにドンピシャな商売が「便利屋」だと、
右近さんの本を読んでマジで確信したんです。

2005年の秋の頃だったと思います。

 

 

ヒマと言っても忙しい酒屋の年末が終わり、
年が明けた2006年に行動を開始します。

 

まず、弟子(見習い)をとっていた右近さんに電話しました。

右近さんに便利屋になりたいので、
どうしたらいいか?聞いてみました。

 

そうしたら、

見習い期間は3ヶ月

期間中は右近さんの離れ(右近ハウス)に住み込む

見習いの費用として30万円必要

修行中は無給

見習い期間の流れは、

見習い1か月目は雑用・電話番をする。

 

2か月目は近隣にチラシ配りしながら営業と作業をこなす。

 

3か月目は依頼に対して自分で見積りを出して、自力で作業をする。

 

こんな内容を直接、右近さんから伝えられました。

 

 

お金(30万円)は何とかなりますが、
住み込みで働くということは酒屋を離れることになります。

 

すでに私は任されていた仕事
(一部の飲食店の配達担当や、出先の自販機の補充管理など)

がありましたから、
3ヶ月店を店を空けることはほぼ不可能です。

 

 

さすがに親に、
将来起業したいから見習いに行かせてくれとは言えません。

自分の仕事を親に引き継がせて、
飛び出すわけにはいかなかったのです。

 

また、見習い中は無給ですから、
妻子がいる状況ではさすがに厳しいです。

 

 

マンションに住んでいましたから、
もし見習いするとしたら、

見習い費用30万円

嫁に生活費3か月分で90万円
(その頃、給料1カ月30万円渡していましたので)

見習い中の生活費(飲食・洗濯や風呂代・雑費など)として、
3か月で20万円


ざっと計算しても、140万円くらい掛かります。

 

見習いで無給だからといって、
嫁に生活費を渡せないとは言えませんからね。

 

 

これらを考えて、悩みましたが
右近さんの元で修行することはあきらめました。

ですが、便利屋になることをあきらめたわけではありません。

 

便利屋開業マニュアルなどをネットで売ってる方もいましたが、
自分は経験者に付いて、実際の作業を学びたかったので、
マニュアルに興味はありませんでしたね。

 

また、便利屋のフランチャイズもありましたが、
当然無視です。

 

別に、便利屋でフランチャイズに加盟するほどの意味も感じなかったし・・・。

 

なので、便利屋さんでバイトして、
働きながら経験やノウハウを身につけていけばいいじゃん!

と考えを変えました。

 

 

半年、1年くらい働けば、便利屋としてのスキルも身に付くし、
バイト代も稼げていいじゃんと思いました。

 

別に便利屋の仕事をなめていたわけではないです。

見習い出来ないので、やむを得ずです・・・。

情報起業ストーリー4へ続く)

 

関連記事

d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s

情報起業ストーリー9.ガクブルの打ち合わせ

コンサルに従って実践開始です。   出す商品のカテゴリーですが、 これはノウ

記事を読む

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

情報起業ストーリー7.稼働してわかったこと

マッチングビジネスに参入する業種を検討した結果、、、   解体工事の仲介に決め

記事を読む

f9cb72f0a4c654bfa0aca9ca287fbfdf_s

情報起業ストーリー5.大事件発生!

便利屋のバイトを始めて2年が経ちました。   試しに広告を出して、 便利屋の

記事を読む

806f2f845fd93c56f8efcb84897e70d7_s

情報起業ストーリー2.本を漁る日々・・・

酒屋での成功を半ばあきらめた私は、 自然と将来起業することを考え始めました。  

記事を読む

7106008e933fed6ad52279de51715a2d_s

情報起業ストーリー1.なぜ、酒屋から起業したのか?

どうも、ともたかです。 ここで少し、起業に至ったまでの道のりを、 少し話していこうと思います

記事を読む

1cae83868811c002e5b6e6e235f302b4_s

ブログを再開します!近況報告は・・・

しばらく、ブログをお休みしていましたが、再開します!   これからも、よろしく

記事を読む

19ed7809597c78f8cdb8d2bf7c9cff87_s

情報起業ストーリー4.バイトを始める・・・

右近さんの元での修行を断念した私は、 気を取り直してネットで近くの便利屋を探しました。 &n

記事を読む

cd7d4e3e4e4ad78098c3e727a0e65ea9_s

バ○トしてます・・・。

僕は現在、酒屋からネットビジネスで 独立して暮らしていますが、、、   実は

記事を読む

807ea83654ff6b077b4d07007a8b7683_s

情報起業ストーリー10.最終章~商材完成、そして販売へ

困難を極めたのは販売サイトの セールスレター執筆です。   それまで、情報商

記事を読む

55e118142ad65c0fe03ed76983bd023c_s

情報起業ストーリー8.藁にもすがる思いで新規ビジネス

ぞっとするような情報・・・ それは、、、   経営する酒屋の近くに、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑